TEL

Blog記事一覧 > 松尾ブログ > サルコペニア肥満

サルコペニア肥満

2016.12.27 | Category: 松尾ブログ

こんにちは、どうも松尾です・・・!!

今年最後のブログ更新になりました・・・(笑)

 

何を書こうか迷っていますが・・・

ここはやっぱり皆さんが更に良い生活習慣で健康的に

来年を過ごして頂けるように一つ・・・

メタボリックシンドロームよりも気をつけて頂きたい

サルコペニア肥満」というものの話をしようと思います!!

 

ちなみに、皆さんは「サルコペニア肥満」って聞いたことありますか?

メタボリックシンドロームは、脂肪が蓄積していって

ウエスト、BMIなどの規定値が標準よりも高くなると

メタボリックシンドロームと診断されます!!

しかし、サルコペニア肥満はというと・・・

肥満という文字がついているのですが太っていない人でも

サルコペニア肥満の人はいるのです!!

どんな人に多いのか・・・

1、女性

2、10代・20代で食事制限のダイエットをしたことがある

3、運動習慣がない

4、姿勢が悪い

5、ダイエット後リバウンド経験がある

などです・・・

 

あげていけばまだまだサルコペニア肥満や予備軍のに確答する人は

たくさんいると思います・・・

 

上記に記載したサルコペニア肥満になりやすい5つのものには、

共通点があります。

それがなんだかわかりますか?

 

正解は「筋肉量が少ない」です。

サルコペニア肥満は、筋肉が減少して、脂肪が代わりに増えてしまう

というものなのです・・・

運動をしないと基本的には、筋肉量は減少するのみです。

食事制限ダイエットも同じです。筋肉をつけるには、栄養をしっかり摂ることが大切です。

食事制限をしてしまうと栄養が足りずに筋肉はどんどん減っていきます。

リバウンドは筋肉が落ちて代謝が落ちてしまっているという身体のサインです。

姿勢に関しても、筋肉が少ない、弱いから姿勢が悪くなってしまうのです。

 

最後にサルコペニア肥満になると何がいけないのか・・・

動脈硬化などの生活習慣病になりやすいのは、メタボリックシンドロームと同じです。

それと合わせてサルコペニア肥満は、筋肉量が少ないので、

・姿勢が悪くなりやすい

・体温が下がり免疫力が低下(アレルギー、花粉症、ガンなどのリスクが上がる)

・関節痛が起こりやすい

・ケガをしやすい

・健康寿命が短いので介護が長期間必要になる(認知症などのりすくも上昇)

これだけではありませんよ・・・

他にもいろんな症状がでてきます・・・

サルコペニア肥満は、なると大変ですがならないようにするのも

皆さんの意識一つで簡単にできます!!

サルコペニア肥満にならない、改善するには、

しっかり栄養バランスの摂れた食事運動でできます!!

これだけで今よりも健康へ近づくことができます♪

本当に運動(筋肉)は大切ですよ♪

当院へのアクセス情報

山の田整骨院

所在地〒751-0837 山口県下関市山の田中央町1-18
電話番号083-255-2200
予約お電話でのご予約が可能です
駐車場10台あり
休診日土曜日午後・日曜・祝日
院長佐々木 雄一

当院の駐車場のご案内