TEL

Blog記事一覧 > 松尾ブログ > 5人に4人はロコモ予備軍

5人に4人はロコモ予備軍

2017.03.14 | Category: 松尾ブログ

こんにちは!!どうも松尾です・・・!!

 

週末は暖かかったのでつい、ウトウトしていました!!(笑)

窓を開けて日向ぼっこをしながら考え事をしてると夢の国への招待状が届きました・・・(笑)

最近、本の影響か今まで当たり前だと思っていたことに対して

なぜ?」と考えるようになりました!!

例えば、世界の常識とは誰が決め、なぜそれが常識なのか?

例えば、なぜ動物は年をとるのか?

例えば、なぜ筋力が落ち、姿勢は悪くなるのだろうか?

例えば、なぜ痛いなどの感覚があるのだろうか?

どうですか?「それは当たり前のことだ!」と片付けてしまうことは簡単ですが

解答できるものって少ない・・・それ以前に仮説は立てれても

その解答が当たっている保証はどこにもないと思います・・・

日曜日はそんなことを考えながら

自分がやっていることの根幹にある健康とはなんだ?っと考えていました。

WHOに健康の定義はあるのですが・・・(笑)

人それぞれ健康の考え方は違うと思います!

痛みがなければ健康、病気でなければ健康などなど・・・

僕もどちらかといえば医療人にあるまじき考え方なのかもしれないですが

日々楽しめていれば健康でいいのでは?と思っています!!(笑)

ただ自立した生活が出来ていない状態で楽しめたのか?と問われれば

疑問です・・・

だから自立した生活は必須条件になります!!

 

そこで僕は今週の豆知識としてロコモティブシンドロームのことについて調べました

ロコモ・・・最近よく聞くワードですよね!?

骨、筋肉、関節などの運動器に問題が起こり

立つ、歩く、かがむなどの日常生活に支障をきたしている状態のことです・・・

そもそもロコモは若いころの生活習慣が大きく関係してきます。

運動習慣がない、痩せすぎ、太り過ぎなど・・・これらに共通するのは筋肉・筋力不足

実に単純明快!!

運動をしなさいという事ですね♪(笑)

このロコモ・・・中高年の人に起こるものと思っている20代、30代の方!!

その考えは危険ですよ・・・

実は30~40代はロコモ予備軍が5人に4人(80%)もいます・・・

それに現在、小学生のような小さな子達も関節の動く範囲が狭くなっているとのこと・・・

このロコモは中高年になってから気をつければ良いなんて考えていると

運動を始めた途端に関節に負担がかかりロコモへの階段を駆け上がってしまう可能性もあります!!

皆さん!!なんでもそうですが予防をするという行為の方が

治すという行為より楽ですよ♪

ロコモに、ロコモ予備軍にならないように日々の生活習慣を見直してみて下さい♪

予防・改善方法は運動ですよ♪(笑)

 

当院へのアクセス情報

山の田整骨院

所在地〒751-0837 山口県下関市山の田中央町1-18
電話番号083-255-2200
予約お電話でのご予約が可能です
駐車場10台あり
休診日土曜日午後・日曜・祝日
院長佐々木 雄一

当院の駐車場のご案内